三周年のお祝いに・・・

三年という時間的長さをどのように例えますか?

中学・高校の三年間。石の上にも三年。桃栗三年柿八年。三年にまつわる事例を挙げていくと分かる事がひとつある。

それは、ある事を成し遂げるまでに最低限かかる期限の目安ということ。

もちろん、三年よりも早く成し遂げる人もいれば、三年以上かかる場合もある。

いずれにしても節目となる年月だ。

先日、熱海でちょうど三年前にオープンしたゲストハウス「MARUYA」の三周年記念イベントに招待された。

ちなみにサムネイル画像のケーキはお祝いで、住吉屋からプレゼントさせていただきました^^

今ではゲストハウスもメジャーになってきているが、当時はまだまだ未知の業界で、ホテルでも旅館でも民宿でも無い新たな宿泊施設がひとつ増えた程度でしか認識がなかった。

でも、今ではゲストハウスといえば若者や外国人を中心に観光地の宿泊施設として大人気となっている。

実はマルヤはオープン資金の一部をクラウドファンディングで調達している。目標を遥かに上回る調達ぶりで、オープン前からファンから期待されていただけに、何とか頑張って欲しいと陰ながら応援はしてきたつもりだったが、ここまで大きく成長するとは想像していなかった。

真面目で熱心なスタッフの頑張りや、周りからの支援や協力があってこその結果であろう。

代表である市来くんも、4年目以降はより進化したMARUYAをつくっていくと宣言しているので、ますます楽しみが膨らんでくるし、ワクワクしている。

これからもぜひ頑張って、そして楽しく熱海を盛り上げていってほしいし、私も負けずに頑張りたいと思います。

この度は三周年、本当におめでとうございます!

こんな記事もついでにどうぞ!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
[`evernote` not found]