★止まってしまったG-SHOCKの電池交換をなぜ自分でしてみようと思ったのか?

10年以上前になりますが、カシオの「G-SHOCK」を集めていました。というのも当時ボクはお菓子屋さんに修行に出ていて一人暮らしをしていたのですが、3ヶ月に一回は自分へのご褒美とし

て少ない給料から気に入った「G-SHOCK」を買い集めてたんです。気がつけば10個以上のコレクションになっていました。

そのG-SHOCKも月日が流れるごとに次々と電池が切れ、とうとう全てのG-SHOCKの電池が切れてしまったので、いつか直してもらわなければなぁ〜と思いながらも数年間も放置したままですた。

IMG_0007

で、いろいろ調べてみると一個電池交換してもらうのに最低でも一個2,000円はかかると知り、全部交換したら20,000円以上も!

ほぼ諦めかけていたある日、偶然にも時電池交換ぐらいなら自分で出来るかもと思えたサイトを見つけました。そこで紹介されていた修理キットがなんと1980円!電池代込みでも3,000円もかからないと分かり即購入しました。中国産で説明書も何も付いてなかったのですが何となく雰囲気で行けるだろうと早速修理に取り掛かりました。

DSC_5382

先ずは映画「スピード」でキアヌ・リーブスがはめていた事で有名な「スピードモデル」のDW-5600

上の画像は電池変えてほっとひと安心したら実はケースが上下反対に付けてやり直しているところ(汗)。。。

DSC_5387

電池はCR2016というコイン型のリチウム電池ですね。ホームセンター等で200円弱で売ってます。電池はムーブメントと言われるインナーケースに収まっています

DSC_5388

ACリセット後、時計表示がされたことを確認して上下間違えないように(笑)ムーブメントをケースに戻します。後は外した順にパッキン、裏蓋、ネジを元に戻して完成!

ちなみにこの1個を仕上げるのにかかった時間は40分

DSC_5397

次にお気に入りの「CODE NAME」といわれるホワイトモデルと

DSC_5404

ジャイアンツカラーの様な「DW003」も続けて交換。さすがに3個目になると、10分もかからずに仕上げることが出来ました。

DSC_5410

といことで今回は3個でクタクタだったので残りはまたの機会に・・・ということで。

今回参考にさせていただいた「Cooの腕時計」さん本当に分かりやすくて助かりました!修理キットはこちらで買いました。G-SHOCK以外の腕時計も多数紹介されていますので、自分でやってみたいと思っている方は是非試してみてはいかがでしょうか。

 

最後に・・・

 

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。

もしブログの内容を気に入って頂けましたら

RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Twitterもやってますので、フォローをお願いします。

@sumiyosiya
Facebookもやってます。 

Sumiyosiya と Junichi Kikuchi

 

 

こんな記事もついでにどうぞ!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
[`evernote` not found]